初回コンタクト 眼科検診の重要性

コンタクト 眼科での検査の必要性

コンタクト 眼科での検査の必要性 安全性を考慮し、初めてのコンタクトは眼科で目の検査を受け、処方箋をもらうのがおすすめです。既にメガネを使用していて、自分の視力がわかっていたとしても、メガネとコンタクトでは使い方が異なります。コンタクトは目に直接装着する物ですから、自分の目に合った物を選ぶ事が大前提です。絶対にコンタクト 眼科で検査を受けないと購入できないというわけではありませんし、今は通販でもコンタクトを販売していて、処方箋無しでもOKというところが増えています。しかしコンタクトにも種類があって、目のカーブを表すBCや、レンズの大きさを表すDIA、酸素通過率を表すDk値など、自分の目に合った物を選ぶのがポイントです。また視力が分かっていても、乱視や近視、遠視などもコンタクトを選ぶ時には重要となりますから、眼科での検診を受けずに、いきなり自分で適当に選んだコンタクトを使うのはリスクが高くなります。

眼科で行う目の検査にもいくつか方法がありますが、コンタクトを作りたい事を伝えておけば必要な検査をしてもらえますし、処方箋を持っていけば自分の目に合ったコンタクトを選べるので安心です。通販サイトから処方箋無しで購入できるのは確かに便利ですが、初回は安全性を考えて、面倒でも眼科に行き、目の検査を受け処方箋をもらいましょう。1度自分の目に合うコンタクトを選び、それを使い問題がなければ、次に購入する時は、同じ物を通販で購入しても問題ありません。

ほとんどの場合、コンタクトを必要とする人は、毎日使用すると思います。メガネと併用する場合は使用頻度は低くなりますが、それでもコンタクトはメガネと同じ、高度管理医療機器です。高度管理医療機器である以上は、自分の目に合った物を正しく使用しないと、人体へのリスクが高くなる物という事ですから、軽視出来ません。

コンタクトは直接目に装着する物です。正しい知識を持ち、正しく使用しないと角膜を傷つけたり、炎症を起こしたりします。こうなるとコンタクトは使えませんから、使用するには事前に正しい知識を身につけておく事が大切です。眼科の検診も重要ですが、処方箋をもらっておくと自分の視力や目のカーブなどもわかるので、使い心地のいいコンタクトを選べます。ソフトレンズの場合は少し違っていても適合性がありますが、ハードレンズの場合は少しでも違っていると目にフィットしませんし、思わぬトラブルの原因となる可能性が高くなるので十分注意してください。

最新記事